実践型地域活動は
自分を成長させてくれる場所!

2021年度 実践型地域活動事業成果
報告会において
投票の結果、
優秀表彰者となった上位3事業。

1別府大学短期大学部

イメージ:別府大学短期大学部
イメージ:別府大学短期大学部
イメージ:別府大学短期大学部
イメージ:別府大学短期大学部
イメージ:別府大学短期大学部
新規発酵調味料
「ととのみそ」の
利用開発による地域の振興

津久見市の水産物を原料とした発酵食品である「ととのみそ」の開発を行っています。これまでにない調理メニューとして「とととり天」「バーニャカウダー」などを開発し、津久見市で行った試食会では市民から高い評価を得ました。

イメージ:別府大学短期大学部
イメージ:別府大学短期大学部

2大分大学
イメージ:大分大学
イメージ:大分大学
きたく部2021拡張版

「放課後、来たくなる場所、きたく部」をコンセプトに、未就学児~高校生を対象とした“放課後学習支援活動×居場所づくり活動”を大分市稙田公民館で毎週月・木曜に行っています。地元高校との連携や地域ボランティアの受け入れも進み、日常的な多世代交流の場となっています。


3大分大学
IoTによる圃場データ
収集とその活用

霜の発生予測や茶畑ごとの品質差の原因究明を目的に茶畑の地表温度や茶樹周辺の温湿度・気圧等をリアルタイムで監視できるモニタリングシステムの開発、改良を行っています。生産者の霜発生予想のサポートとして活用いただいています。

PAGE TOP